1週間朝活してみた体験談|感じたメリット5選

スポンサーリンク
THOUGHT

眠たい目をこすりながら朝7時に起きて、慌てて出社。

昨日飲みすぎたせいで、気分は最悪。デスクに座ってもなかなか仕事に集中できない。

午前中はほとんど仕事が進まず。

「俺は昼から調子出すタイプだから・・・」

そう自分に言い聞かせるも、結局調子が上がらないで、定時に仕事が終わらず残業。

家に帰るころにはすでに時計は20時を回っている。

適当に晩ご飯食べてお風呂入ってスマホいじってたら12時回ってる・・・。

皆さんはそんな毎日を送っていませんか?

こんな毎日を変えるには〝朝活〟がオススメです。

今回は、ぺ兄(筆者)が1週間朝活を続けてみて、実際に感じたメリットを5つご紹介します。

誰にも邪魔されない贅沢な時間

f:id:hiropeniisan:20190717064220j:plain

朝活の最大の良さの一つは、誰にも邪魔されない一人の時間が作れるという点です。

充実した人生を過ごすうえで、人とのつながりはとても大切ですが、一方で、自分の趣味の時間や、一人でゆっくりリラックスする時間も、人生をより豊かにするためには欠かせません。

現代を生きる社会人は、昼夜を問わず、さまざまな人とlineや電話などでつながっています。いつだって連絡や通知でスマホは鳴ります。

しかし、朝はその限りではありません。世の中の人たちは、1分でも多く寝ていたい人ばかり。

  • 皆が寝静まっているころから起き、散歩やジョギング
  • 映画を見る
  • 本をゆっくり読めます。
  • 副業をする
  • スキルアップの勉強をする

など、誰にも邪魔されず、自分の時間を確保することができるのです。

ぺ兄は一人の時間が大好きなので、この朝の時間の贅沢さには病みつきになりました。

ジョギングしてから、ゆっくり朝ご飯食べて、コーヒー飲みながら、ブログ書いたり、本を読んだりしています。

「皆が寝てる間に、俺だけ1日のスタートダッシュを決めさせていただきました。あざす」って感じです。

朝の集中力が異常

朝の3時間は、脳にとってのゴールデンタイム。前日の記憶が寝ている間に整理され、朝は脳がリセットされた状態です。

センサーを付けた眼鏡で集中力を可視化できる「JINS MEME」というアプリで、行われた実験でも、朝の6、7時代が最も集中力が高まることが分かっています。

また、朝はアイデアが生まれやすく、集中力も夜に比べて圧倒的に高い。

朝に全力で走り切って、夕方からは力抜いてリラックスモードに入るっていうのが、一番効率的で、体の理に適っているのだと思います。

ぺ兄も朝活でブログ執筆のスピードがめちゃくちゃ速くなりました。

以前は夜の1時間で500文字くらいしか書けなかったのが、朝早く起きて記事を書くようになって1時間で1500文字は余裕をもって書けるようになりました。

朝ご飯がうまい!

f:id:hiropeniisan:20190717064409j:plain

学生時代、部活動の普段の練習とか夏合宿とかで、朝練ってやりませんでしたか?

朝練で汗をかいて、お腹が空いた状態で食べる朝ご飯ほどおいしいものはありませんよね。

どんな有名店の超高級料理でも、私たちがお腹空いていなければ、料理を120%味わうことはできないと思うのです。

白米1杯を食べるにしても、しっかりとお腹を空かして、食べる白米はもはやおかず。白米をおかずに白米をおかわりできるようになります。

ぺ兄が朝活を始めて一番楽しみなのが、朝ご飯です。

出勤までの時間はたっぷりあるので、ゆで卵茹でたり、野菜切ったり、ちょこっとした調理をしてもゆっくりご飯が食べられます。

ほんと、この朝食を味わって食べられる喜びは、凄まじいものがあります。

ぜひ、皆さん朝活してゆっくりとした朝食の時間を楽しみましょう!

100%のコンディションで仕事をスタート

f:id:hiropeniisan:20190623075151j:plain

朝活をするようになって、
朝からジョギングをして、朝食をゆっくり済ませ、趣味の時間を1時間とったとしても、会社にはゆっくり出社できる時間の余裕が生れるようになりました。

ぺ兄は自宅から会社まで車で30分かかりますが、それでも定時の1時間前から30分前に出社できます。

出社してまずやることが、10分で一日のタスクを書き、その後は、割と難しい仕事に取り掛かります。

ほとんどの社員がまだ出社していない朝は、
「ぺ兄君ちょっといいかな?」などと呼び止められることがないので、めちゃめちゃ集中できます。

ぺ兄は執筆関係の仕事をしているので、午前中に難しいタスクや、アイデアを要求される企画をこなします。
やっぱり、朝が一番脳が元気なので、午前中にクリエイティブな業務を行なうのがおすすめです。

午後からは、単純作業のような業務をしています。
ぺ兄は、単純作業をしていたら、気分が乗ってくることがあるので、午後からでも執筆などの作業をがっつりすることもあります。

寝る前の充実感と明日へのワクワクが半端ない

f:id:hiropeniisan:20190717065235p:plain

「時間が増えた」
朝活をするようになって1週間。これまでの24時間よりも、充実した時間を過ごしているせいか、時間が増えたように錯覚します。

21時ごろから12時過ぎくらいまでずっとスマホゲームをしたり、動画を見たりして過ごしていた今までの怠惰な自分。
それが、21時に寝て、朝4時に起き。

これまで8時前に起きて慌てて支度して出社していたので、そう考えると4時間も自由な時間がある。

先ほども言ったように、朝は脳にとってゴールデンタイム。

夜の4時間を取ってスマホゲームや動画をループして過ごすのか。

それとも、

朝の4時間を運動やスキルアップ、趣味や副業の時間に充てるのか。

ぶっちゃけ、きちんと朝活を続ければ、人生180度変わりますよね。

時間が増えたように感じるくらいの1日に、得も言えぬような充実感を感じながら布団に入ると、明日へのワクワクで速攻爆睡できました。

終わりに

まだ、1週間しか続けてないですが、実際に朝活をしてみて感じることは、ありがちな感想ですが、

朝を制するものは人生を制する

です。

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました