筋トレを1年続けて実際に感じたメリット5選

スポンサーリンク
筋トレ

あなたは一体、何を目指してるの?

筋トレを初めたばかりのころは、そんな風に茶化されてしまうことはよくありますよね。
でも、そんな風に言ってくる人は、筋トレの数あるメリットを何も分かっていないので、

いささか浅はかです。

そんな浅はかな人の茶化しはほおっておきましょう。

ぺ兄もたくさん茶化されましたが、現在は「筋トレキャラ」を確立して、毎日楽しんで筋肉を育てています。

この記事は、筋トレの本当のメリットが何なのか、イマイチぴんとこない人に、なるほど!と思ってもらえるような内容になるようにしましたので、ぜひ、最後までお付き合いください

ストレスに強い精神力が備わる

筋トレをすることによって、ストレスに強い精神力が備わります。

それは、筋トレをすることによって、ストレス耐性が向上するとされるテストステロンというホルモンが増加するから。

ストレスに強くなると、他人に何を言われても、高い壁にぶつかってもポジティブに物事を考えられるようになります。

筋トレをすることで、人生を少ないストレスで楽しいものにすることができるのです。

さらに、テストステロンはやる気と気力、精力も与えてくれます。

ただ、テストステロンは年齢とともに、徐々に減少していってしまうので、筋トレによって増やす必要があります。

テストステロンについて下記の記事で紹介していますので、こちらも合わせてご覧いただければ理解が深まるでしょう。

継続力が自然と身につく

筋トレを継続していくと、ほかの習慣もしぜんと続けやすくなります。

それは、強い精神力が身に付くことに加えて、筋トレだけは続けているという自信がつくから。

正直、筋トレを継続することは難しいことだと思います。

ジムを契約して、それで満足してしまう人。筋肉痛が痛いとか、忙しいとか、いろいろ言い訳をして止めてしまう人。

いろんな人がいますが、筋トレは継続することが一番の課題だと思います。

しかし、続けることが難しい筋トレだからこそ、習慣化したときに自分にとって大きな自信になるのです。

筋トレを1年継続したころには、「筋トレが続けられるのだから、少々のことなら継続できる」と思うようになるでしょう。

実際に、ぺ兄は筋トレを1年続けたおかげで、読書やブログ執筆、Twitterの運用、食事制限などの習慣も、同時に継続できるようになりました。

3日坊主で何やっても続かない

という人は、まず、筋トレだけにフォーカスして継続してみることがオススメです。

挑戦する勇気が生まれる

自分に可能性が見いだせない。自分なんかが挑戦しても。

そう思う人は、筋トレをやりましょう。

筋トレによって増加するテストステロンの効果には、チャレンジ精神が高まるということも分かっています。

筋トレを続けていくと、一人の漢として、一つの生命体として、単純に強くなります。そして、自然と何かにチャレンジしてみたくなってくるのです。

そもそも、筋トレはチャレンジの連続です。どんどん重量を上げて、回数を上げて負荷を高めていくのですから当然です。

かく言うぺ兄・筆者も、ベンチプレスの重量増加に毎週チャレンジしています。

はじめは、50キロしか上がりませんでしたが、めげずにコツコツ続けていくうち、60、70キロと徐々に上げられる重量が増加していきました。

そして、半年を超えるころにはついにMAX100キロの大台に乗ったのです。

それはもう嬉しかったです。ベンチプレス100キロはスポーツ選手じゃない限り、常人で上げられる人は本当に少ないです。

自分が何か、特別な存在になれたような気がしました。

筋トレ界には「筋肉は絶対に裏切らない」という格言があるように、チャレンジした分だけ結果が付いてきます。

出た結果が嬉しくて、さらにチャレンジ。

このチャレンジ力は、仕事や趣味など、すべてのシーンで発揮します。

チャレンジしている人、かっこよくないですか?

人生も充実しますし、いつまでも気持ちが若くいられます。

筋トレしましょう!

仕事のパフォーマンスが向上

あれ?もう5時か。

筋トレを続けていると、1日が一瞬で終わるように感じるくらい忙しい日だったとしても、それほど疲れを感じなくなります。

その理由として

  • ストレス耐性がつくこと
  • 筋トレ自体がストレス発散になっていること
  • 強気で仕事に臨めるようになること
  • 力が強いという単純な自信によって余裕が生まれること

が挙げられます。

ぺ兄も日々デスクワークに明け暮れていますが、筋トレをするようになってからは仕事に対するストレスが減っていったように思います。

特に、筋トレをする前は「仕事に追いかけられる」ような毎日を送っていました。

一つの仕事が終わると、すぐに次の仕事をこなすが、追い付かず、上司から凄まじいプレッシャーを感じながら、涙目で仕事をこなす毎日。

「ぺ兄くんさあ、ほんと仕事のタスク管理ちゃんとしたほうがいいよ」と上司に言われる。

仕事が終わるころにはへとへと。

このような、消耗ばかりの毎日を送っていました。

ところが、筋トレを習慣にすることで、攻めの姿勢で仕事に取り組めるようになり、不思議と仕事をこなすスピードがアップしました。

筋トレによって血流が改善されたことで、毎日頭もスッキリしてクリエイティブ。そして、すごく前向きな気持ちを維持できるようになったのです。



 

睡眠の質が向上した

筋トレを習慣にするようになって、睡眠の質が向上しました。

睡眠の質が向上することで、

  • 翌日に疲れを繰り越さなくなった
  • スッキリとした気分で起きられる
  • 朝の仕事の質も高まる
  • 肌荒れが改善した

という効果を実感しています。

仕事終わりに筋トレを1時間ほどすることを続けていると、身体的に疲れて、夜には自然と眠くなります。

すると、自然と早寝早起きの習慣が身に付きました。

また、朝スッキリとした気分で起きられるので、朝活を取り入れて副業をしてみたり、早めに職場に行ってタスクの整理をしたりと、朝の時間を有効活用できるようになりました。

朝を制するものは、人生を制する

誰かがそう言っていたような気がしますが、あながち間違いではないと感じています。

終わりに

1年間、筋トレを続けて感じたメリットについて紹介してきましたが、特にサラリーマンにとって、筋トレがいかに有意義なのか、お分かりいただけたと思います。

筋トレを1年間続けて感じたメリットをまとめて、一言で表すのなら、

体を鍛えることで人生が楽しくなるよう、人間の体は作られている

ということです。

皆さんも、是非、筋トレを習慣にして、人生を楽しみましょう!

では、また


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました