筋トレは朝やる?それとも夜が効果的?どっちやるか問題について

スポンサーリンク
筋トレ

筋トレは朝やるべきか、夜やるべきか?

筋トレに勤しむ、社会人トレーニーの多くが悩む問題の一つだと思います。

人間には体内時計があるため、トレーニングする時間によって、その効果は違います。

「筋トレ朝やるの?夜やるの?」問題について、それぞれのメリットとデメリットをご紹介して、今後の皆さんのトレーニングの少しでもお役に立てればと思います。

朝に筋トレするメリット

規則正しい生活になる

朝筋トレをするとなると、当然、早起きしなければなりません。早寝早起きを実行すると、生活習慣病の予防になるだけでなく、精神衛生上も良い効果をもたらしてくれます。

初めの方は気合で起きて辛い思いをしたとしても、朝から運動することで体内時計が整うので、夜はわりと早い時間に眠くなります。
最初はしんどいかもしれませんが、習慣化すれば何もつらいことはありません!

どうしても朝が苦手な方は、カーテンを開けて寝てみてください。朝日が差し込んで部屋が明るくなると、驚くほどスッキリと起きられます。

お試しあれ。

1日の代謝が上がり、ダイエットに効果アリ!

朝に運動することで、一日中高い代謝を保って過ごすことができます。
何もしなくても内臓などの働きでカロリーを消費する代謝を「基礎代謝」といいますが、この「基礎代謝」を朝から高く保つには、睡眠モードから活動モードに切り替えるのが重要です。

起きたばかりのときは、副交感神経が優位な状態になっている睡眠モード。
筋トレなどの運動をすることによって、体が副交感神経から交感神経に切り替わり、運動モードのスイッチが入ります。

こうなれば、朝からすっきりした状態で脂肪も燃えやすい状態に。
また、

  • 朝日をたっぷり浴びること
  • 朝一にコップ一杯の水を飲むこと

なども、代謝を上げてくれるのでオススメです。

朝から全力本気モードで仕事ができる

「やばい!全然時間ない!」
ベットから飛び起きて、急いで支度して家を出て、コンビニに寄って朝食買って、通勤中に食べて。
会社に着いてホッと一息。

こんな状態で、朝から全力で仕事ができるでしょうか・・・。

一方で、早起きして筋トレを実行すると、体が完全に起きている臨戦状態に。

余裕を持って朝食を食べ、早めに会社に出勤。脳が覚醒した状態で、今日取り組むタスクを整理し、始業の合図でよーいドン!

朝筋トレするとこうなります(笑)

そりゃあ、仕事のパフォーマンス上がりますよね。

朝の筋トレで注意すべきこと

しかし、メリットばかりではありません。朝の運動は体に負荷をかけやすいという一面があります。

起きたばかりの体は、睡眠モードなので、いきなりハードなトレーニングをするととても危険です。
また、寝ている間に汗をかくことによって体内の水分が不足しているので、体内の血液が濃い状態になっています。

そんな状態でいきなりハードなトレーニングをすると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がってしまいます。
朝一に筋トレをする場合は、

  • しっかりと水分を取ること。
  • バナナなどで栄養補給をすること。
  • しっかりとアップをすること。

が大切です。

夜に筋トレをするメリット

パフォーマンスが向上

人間の体内時計では、15時ごろから体温、血圧、心拍などがピークの時間を迎えます。

つまり、パフォーマンスが上がりやすい時間帯ということ。
学校の部活動の時間も夕方ですが、理にかなっているといえます。
社会人も仕事終わりの夕方は、筋トレをするには最適の時間帯。ハードなトレーニングにもチャレンジできます。

成長ホルモンが多く分泌

成長ホルモンには、骨や筋肉を作る働きがあります。
また、糖の吸収を抑えるうえに、脂肪を分解してくれる働きもあるのです。

成長ホルモンの分泌量を増やすと、筋トレで痛めつけた筋肉を効率的に修復してくれるだけでなく、脂肪を分解してダイエットにも貢献してくれるのです。

このありがたい成長ホルモンは、夜眠る3時間ほど前に運動すると分泌量が増えることが分かっています。
夜しっかり筋トレして、しっかり寝る。

寝る子はマッチョ

これは確かな事実です。

夜の筋トレで注意すべきこと

夜に激しい筋トレしたら眠れなくなるのでは・・・

という心配もあるかと思いますが、睡眠の1時間前でなければ問題ありません。

ただ、運動後に過度な食事を取ってしまうと、睡眠の質が著しく下がってしまいます。
筋トレの後は、筋肉の回復を促すためにたんぱく質を摂取することは大切ですが、筋トレ後の食事はついついお腹いっぱい食べたくなってしまいます。

夜の筋トレで注意すべきことは、

食べ過ぎないこと

これを一番気を付けましょう!

お昼休みの筋トレもアリ!

多忙な現代の社会人にとって、お昼休みはとても貴重なホッとするひと時。
ですが、この時間に軽く筋トレをすると、食後の血糖値を下げ、午後から頭スッキリで仕事に臨むことができます。

血糖値が急激に上がると、インスリンが大量に分泌されて血糖値を下げます。インスリンは血糖値を下げる過程で、血中の糖を脂肪にして貯蓄する作用があるので、太ってしまいます。

また、血糖値が急激に下がることで、眠気や倦怠感、頭痛などを引き起こします。

これに対処できるのが、筋トレというわけです。
食後すぐに軽く筋トレをすることで、血糖値の急上昇を抑えることができるのです。

横になるのではなく、腕立てを

是非お試しください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

朝筋トレするにしても、夜筋トレするにしても、どちらも素晴らしいメリットがありますし、注意しなければならないこともあります。

自分の生活リズムに合った時間に筋トレするのが答えですが、どちらも試したうえで、選んでみるのもいいでしょう。

ちなみにぺ兄は、仕事終わりの夜に筋トレする派です。

では!では!
皆様も、良き筋トレライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました