【ダイエット】バナナアイスが最強のおやつである理由

スポンサーリンク
ダイエット

f:id:hiropeniisan:20190820211105j:plain

暑い暑い夏の日に、クーラー効いた部屋で食べるアイス。

うだるような暑さの中、やっとたどり着いたコンビニで買って食べるアイス。

めちゃウマいっすよね。

ぺ兄もアイス愛好家で、冷蔵庫に箱アイスを常に常備していました。

でもでも、アイスってめっちゃ太ります。

糖質たっぷりですから、太らないわけがない

デブはだいたいアイス好き説〟ありますよね。

アイスは好きだけど、太りたくない。こんな人に是非オススメしたいのがバナナアイスです。

日常不足しがちな栄養を補給できる

f:id:hiropeniisan:20190820211128p:plain

バナナ1本のカロリーは86キロカロリーと低め。

ダイエット中の人でも、おやつ1日200キロカロリーくらいは余裕で食べていいので、間食に2.5本は食べても大丈夫な計算!

そして、バナナには栄養たっぷり!

ダイエット中は、栄養が不足しがちになるので、バナナをアイスにしておやつにするのは、アリ寄りのアリ。

・カリウム・・・高血圧に効果。運動による筋肉のけいれんを防ぐ。

・ビタミンC・・・お肌の健康に欠かせません。コラーゲン生成に必須。

・マグネシウム・・・必須ミネラル。体内で行われている600以上の化学反応に関わっています。

・ビタミンB群・・・エネルギー代謝を円滑に!体づくりに欠かせません。

・セロトニン・・・幸せ成分。精神を安定させます。

食物繊維と酵素でお腹にも優しい

f:id:hiropeniisan:20190820211443j:plain

バナナ自体にアミラーゼという消化酵素があり、消化吸収の効果を高めてくれます。

このほかの食品は、野菜は3時間、炭水化物も3時間、たんぱく質は4時間かかるといわれています。

アミラーゼは、炭水化物をブドウ糖や果糖、オリゴ糖に分解してくれます。

また、バナナは食物繊維も1.1グラム(一本当たり)含まれています!

ダイエットしている人、筋トレしている人は、たんぱく質を多めに摂って、糖質を抑えている人が多いと思います。

そうした食生活をしていると、腸内環境が悪化してお肌が荒れたり、便秘になったりと、いろいろと問題が・・・。

そうならないように、食物繊維はしっかり摂りたいところ。

ちなみに食物繊維には2種類ほどありまして、

水溶性食物繊維・・・消化吸収をゆっくりにする。血糖値上がりにくい。

腸内発酵して、腸内細菌のエサいっぱいに!

不溶性食物繊維・・・水を吸って膨らむので腹持ちがいい。

毒素吸収して排便促す!

バナナアイスの作り方

バナナアイスに作り方も何もないと思われますが、ここでは、ぺ兄がいつも作り置きしている方法をご紹介します。

まず、バナナを用意。

そして、剥きます。

f:id:hiropeniisan:20190820211653j:image

ラップでくるみます。潰します。潰すのが結構大切で、そのまま凍らせると、太くて硬いのですごく食べづらくなります。潰してアイスバーのようにしておくだけでも食べやすさが段違いです!

f:id:hiropeniisan:20190820211805j:image

f:id:hiropeniisan:20190820211828j:image

凍らせて出来上がり!

f:id:hiropeniisan:20190820212007j:plain

まとめ

と、まあ、果物の中でもかなり栄養豊富なバナナですが、凍らせるとめちゃくちゃウマくなります。普通に食べると柔らかな食感なのですが、凍らせることで、アイスバーのようなシャリシャリした食感に。

また、より一層甘く感じます。

お店で売っているアイスバーより下手したらウマい。

食べたことない方にはぜひ試してみてほしいです。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました