筋トレ後の最大の敵はお酒!?筋肉に及ぼすアルコールの影響まとめ

スポンサーリンク
筋トレ

運動した後、仕事に汗を流した後、飲むビールの旨さといったら、もう筆舌に尽くしがたいですよね。

ウマすぎです。

しかし、そのビール。はっきり言って筋トレには悪影響ばかりです。

今回は、筋トレの最大の敵かもしれない、アルコールについて、まとめていきたいと思います。

筋トレ大好きで、お酒も大好きな方。是非最後までお付き合いください!

結論:圧倒的に禁酒した方がいいけど、上手く付き合おう

この一杯が俺にとって、唯一のストレス発散なんだよ!

むしろ、生きがいと言っても過言ではない。

人生のご褒美なんだ。

分かります。

ほんとに分かります。ぺ兄もお酒が大好きです。

しかし、筋肉とお酒との関係を見ていくと、好きだからと言って際限なく飲むと、逆に体にストレスがかかります。

さらに、せっかく筋トレを頑張っても、筋肉の成長が妨げられてしまうので、努力が水の泡に。

とはいえ、一滴も飲まないのは辛すぎるので、飲みすぎないことを意識したり、お酒の種類を選んだりして、上手く付き合うと良いでしょう。

ご褒美は、ほんのわずかな量だからこそ価値がある!

と思います(笑)

以下、お酒を飲みすぎると筋肉にどんな影響があるのかをご紹介します。

筋肉の合成が妨げられる

飲み過ぎると、筋肉にたんぱく質などの栄養が行きわたらなくなり、結果、筋肥大が阻害されてしまいます。

アルコールは、胃や腸から血液に吸収されて、肝臓で分解されます。

肝臓は、アルコールを代謝する際にたんぱく質を消費してしまうので、筋トレの傷んだ筋繊維の分のたんぱく質が届かなくなってしまうのです。

筋トレ後にお酒を飲み過ぎるということは、例えるならば、

めちゃくちゃお腹空いているときに、目の前でステーキを食べる姿を見せられる

くらい悪影響です。

単純に肝臓にも負荷がかかっているので、寝ても疲れが取れなかったり、体がだるくなるという症状が出てしまいます。

テストステロンの分泌を妨げる

テストステロンは、たんぱく質を筋肉に誘導してくれるのを手助けしてくれる、重要な男性ホルモンです。

また、テストステロンの分泌量が多くなると、精神的に強くなったり、社会性が高まったり、夜の生活も強くなります(笑)

さらに、テストステロンは筋肉を大きくするだけではなく、筋力が高まるように作用してくれます。

もはや、筋トレの効果を最大化するには、

いかに、テストステロンの分泌量を増やすか

が、めちゃくちゃ大切と言っても過言ではありません。

そんなテストステロンが、アルコールを大量に飲むことで分泌量が下がることが分かっているのです。

恐ろしくないですか?ぺ兄は怖いです。

テストステロンの詳細な記事はこちら

睡眠の質が浅くなる

筋肉にとって、食事と同じくらい大切なのが、睡眠です。

筋肉は睡眠時に育つのです。

お酒を飲むと、アルコールの利尿作用によって、体が脱水症状を引き起こしてしまいます。そんな状態で寝ては、良質な睡眠を取ることはできません。

また、アルコールが体内で分解されるときに発生する、アセトアルデヒドが、レム睡眠(深い眠り)を阻害してしまいます。

ノンレム睡眠(浅い睡眠)が長く続いてしまうと、睡眠の質がガタ落ち。

体の傷んだところを修復してくれる成長ホルモンの分泌が妨げられ、それが結果的に筋肉の成長を妨げてしまうことにつながってしまうのです。

お酒を飲んでからじゃないと寝られないよ。

寝酒の一杯くらいよくね?

分かります。その気持ち。

筋肉には良くないですが、ほんの少量、一杯だけにしておきましょう。

コルチゾールが筋肉を分解

筋肉を分解

この一文、怖すぎです(笑)

これは、アルコールを摂取することによって分泌される「コルチゾール」というホルモンの作用によるもの。

「コルチゾール」は、肝臓から分泌され、免疫機能などの調節をしてくれる欠かせないホルモンですが、一方で、筋肉を分解してエネルギーに変えたり、食欲を増進させたり、脂肪の合成を促進するという悪い作用があります。

もはや、トレーニーにとって「コルチゾール」の過剰な分泌は、敵以外の何物でもありません。

また、「コルチゾール」は、ストレスを感じているときや、激しい筋トレを70分以上したときにも分泌されるとのこと。

お酒の飲み過ぎはもちろん止めたいですが、筋トレでも、適度に休息を取って「コルチゾール」を過剰に分泌させないことが大切ですね。

超回復に悪影響

超回復とは、筋肉に適度な休息と栄養を与えることで、効率良く筋肉が付くという現象のことです。

この超回復に、お酒は圧倒的な悪影響を与えます。

アルコールを大量に飲むと、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、亜鉛などの、筋肉を作るためにとても大切なビタミンやミネラルの吸収を妨げてしまいます。

さらに、ビールや日本酒などの糖質の高いお酒を飲んだり、ポテチなどの糖質たっぷりのおつまみを食べたりしていると、圧倒的糖質過多と栄養バランスの崩れによって、あっという間におデブに変貌してしまいます。

アルコールは満腹中枢を麻痺させたり、胃酸を増加させたりするので、食欲が倍増しています。

筋肉を育てるには、いかにバランスの良い栄養を摂って超回復させるかが大切です。

アルコールによってビタミン、ミネラルなどの吸収が阻害されるだけでなく、飲み過ぎは食べ過ぎを引き起こし、栄養バランスが崩れ、、、

もう、筋トレの意味はなくなり、デブの道まっしぐらです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

アルコールは筋肉を育てるうえで、悪影響ばかりだとお分かりいただいたことかと思います。

しかし、やはり一方で心を癒してくれるのもお酒です。

アルコールによって不足しがちなたんぱく質やビタミン、ミネラルをサプリで補ったり、筋トレの休みの日にお酒を飲むようにしたり、糖質の低めな蒸留酒(ウイスキーなど)を選んだりと、適度にお酒と距離感を保つのが大切ですね。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました