お肌の悩みは筋トレで解決する!?筋トレの美肌効果について

スポンサーリンク
筋トレ

常に顔のどこかにニキビができて辛い

お肌にお悩みを持っているそんなあなたには、是非、筋トレを習慣にしてもらいたい。

それは筋トレによって分泌される成長ホルモンが、お肌のターンオーバーを手助けしてくれるから。

筋肉命のメンズはもちろん、お肌が命のガールズにも、筋トレを推奨したい。

でも、中には、

筋トレしたらゴツくなっちゃう。

と主張するガールズもいるでしょう。

しかし、安心してください。

女性がゴリゴリのマッチョになるには、生活のすべてを筋トレに捧げ、なおかつ、遺伝子に愛されなければなりません。

心配しなくてもゴリゴリには、なりたくてもなれません

筋トレを習慣にすることで、お肌の悩みがなくなる理由を、下記に、まとめたので、最後まで読んでいただければ幸いです。

成長ホルモンでお肌のダメージを修復

成長ホルモンは、俗に「若返りホルモン」だと言われています。

成長ホルモンには、さまざまな役割がありますが、主に傷んだ体を修復してくれる、代謝の役割を担っています。

この代謝アップがお肌を守るためにとても大切。

代謝がアップすると、しっかりとお肌に栄養が行き渡りますし、お肌のターンオーバーのサイクルが正常化され、お肌のキレイが維持されるのです。

また、成長ホルモンには、

  • 筋肉にたんぱく質の合成を促して筋肉量を増やす
  • 脂肪の分解を促す
  • 骨の形成を助ける

などの作用があります。

成長ホルモンは、お肌をキレイに保つだけでなく、若々しい姿になるために、重要な役割を担っているのです。

筋トレで成長ホルモンが増加

そんなありがたい成長ホルモンですが、10代には噴水のように溢れまくっていたのが、20代からは、どんどんと減少していきます。

成長ホルモンが減少すると、肌荒れはもちろん、脂肪がつきやすくなったり、骨密度の低下したりします。

肌荒れの汚デブ。あるいは、老けた汚デブになってしまうのです。

恐ろしい。

減少していく成長ホルモンを食い止める1番の方法は、何度も紹介するように筋トレです。

筋トレをすることによって、成長ホルモンが、通常時の6~8倍多く分泌されることが分かっています。

筋トレをライフワークにしているおじさんって、若々しくないですか?

あの人たちは、実際に細胞レベルで若いのです。

筋トレで睡眠の質が上がる

筋トレをすることによって、睡眠の質が上がります。すると、成長ホルモンの分泌量が増え、お肌がキレイになるのです。

成長ホルモンは、夜10時から深夜2時にかけて、多く分泌されます。

いわゆる、睡眠のゴールデンタイム

このゴールデンな睡眠のタイミングをいかにぐっすりと迎えられるのかが重要です。

睡眠の質を高める1つの方法として、1日のうちで一番体温が高い夕方に筋トレをするのがオススメです。

もちろん成長ホルモンの分泌を増やす効果もありますが、この時間帯に筋トレをすることで、睡眠の質が上がりやすくなることが分かっています。

ちなみに、寝る直前に、食事をしたり、アルコールやカフェインを接種すると、睡眠の質が落ちるのでよろしくありません。

大人ニキビが激減した体験談

自分語りで申し訳ないですが、長年、大人ニキビに悩んでいた僕が、ニキビに悩まなくなった経験談についてご紹介します。

もともと、ニキビが出来やすい体質だった僕は、高校生のころからすでにニキビに悩んでいました。

さらに最悪なのが、ニキビが出来るたびに潰しまくっていたのです。

当時の自分をぶん殴ってやりたい。

大人になっても、見事にニキビ跡が残りました。また、常に顔のどこかにニキビができているような肌の状態が続いていました。

その原因は、タバコ、食生活、睡眠時間などなど、いろいろとあると思いますが、今になって一番大きな理由は、運動習慣が全くなかったことだと感じています。

食事を気にしたり、いろんな化粧水を試したり、睡眠時間にこだわったり、禁煙してみたり。

それでも肌荒れとニキビが消えることはなかったのですが、昨年、筋トレにハマって週5でトレーニングをし始めると、あら不思議。

ニキビを気にすることが全くなくなったのです。

おそらく、成長ホルモンが大量に分泌され、肌のターンオーバーが正常化されたのでしょう。

現在は、本当に体が疲れてる時、あるいは、お酒を飲みすぎて寝不足で二日酔いのときくらいしかニキビができなくなりました。

キレイなお肌を維持するのに、高価な化粧水などは必要ありません。筋トレが、お肌のキレイ維持に効果大なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、実体験多めで筋トレの魅力をご紹介しました。

お肌の悩みがある人は、是非、ちょっとした運動からでもいいので、筋トレを試してみてはいかがでしょうか?

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました